就職、転職などでやはり多くの人が視野に入れるのが正社員だと思います。ですが、正社員は本当にそんなに良いものでしょうか?あなたの仕事に対しての考え方はあっていますか?実は派遣の方が自分のスタイルにあっている!という方も数多くいらっしゃいます。

派遣の仕事で活躍している人たちを紹介する女性

派遣だからたくさんの会社を経験することが出来る

派遣社員には、たくさんの会社を経験することが出来るというメリットがあります。転職回数が多いと不利になるという意見がありますが、同じ派遣会社に登録をしていて、勤務先の会社が変わることは転職とは呼びません。
例えば、A派遣会社に登録をして、B会社で働いていたが、6ケ月で契約が終了になり、次にC会社で働くことになった場合、転職ではありません。なぜなら、この人はあくまでA派遣会社の社員として働いているからです。給料も派遣会社からもらっていますし、福利厚生も派遣会社のものを受けています。よって、転職回数1回にはカウントされないので、転職回数が増える心配はありません。
つまりは、転職をせずにいろいろな職場、いろいろな会社で働くことができるのが、派遣のメリットです。もちろん、いろいろな会社で働けるということが、ただちにメリットになるわけではありません。同じ仕事をしていても、正社員の人のほうが重要な仕事を任されやすいですし、リーダーとしての経験も積みやすいです。正社員の人は将来もその会社で働くことが予定されているので、優先的に育ててもらえます。非正規社員の人は、契約が終われば退職をすることになるので、決まった仕事をしていてくれればよいという扱いを受けることもあります。
いろいろな会社を経験することをプラスにするかどうかは、その人次第です。どんな仕事でも一生懸命に取り組むようにしていれば、なにかしら得るものはあるはずです。日本は超高齢化社会に突入しますが、社会がどう変わっていくのか予想がつきません。一生懸命に努力をしてきた経験は、なにかの役に立つはずです。まだ20代の若い人なら、正社員になれるチャンスはまだまだあるので、なるべく早い段階で正社員になることを考えましょう。

自分の都合や働きたい時間に合わせて仕事が選べる派遣

派遣社員という雇用形態のメリットと言えば、自分の希望の条件下で働ける可能性が高いという事でしょう。正社員であれば待遇面では申し分ないですが、所属する部署や勤務先や転勤の有無までは自分では決められない事も多いでしょう。一方でパートやアルバイトでは自分の希望する時間帯や曜日で働く事は叶いやすいですが、時給面では安い事もあり、一生食べて行くには難しいでしょう。
一方で派遣社員の給与は交通費込の時給である事も多く、周辺相場のアルバイトやパートよりも高めに推移しており、フルタイムで働けば月に20万円程度の手取りでも可能でしょう。また未経験でも始められるお仕事が多い事が特徴で、事務として未経験だけども派遣として簡単な事務から経験を積むという事もできる為、スキルアップをしながら自分のやりたい事が可能でしょう。特にある職種においては正社員よりも派遣やパートなどの雇用を取っている企業も多く、希望する職種に就きやすい雇用形態で派遣社員を選択するという人もいます。一方で大企業で働きたいけども、正社員では実力を考えて難しい所でも派遣ならば働けるチャンスがあるなど、企業の魅力で選ぶ人も多いでしょう。
派遣社員は自分の働きたい希望を叶えてくれる雇用形態でもありますが、その雇用形態は長く続く物ではなく、契約期間が存在します。頑張り次第では直接雇用になる事もあるチャンスもありますが、企業側との契約期間が終了すれば雇用も終わるので不安定さはあります。デメリットの部分でもある期間限定の部分を敢えて、「一定期間だけ働きたい」という人や「ある企業でスキルを磨きたい」などの目標がある人には向いている職種とも言えるでしょう。

派遣だからこそ、大手の企業で働ける?

「派遣だからこそ、大手の企業で働ける?」ということであれば、それはその通りという面があります。大手企業は、基幹要員となる人として正社員を一定人数確保しますが、特定の職種や補助的な仕事は、アウトソーシングで賄うことが多いので、派遣社員であれば大手企業の中で仕事ができる機会は多くなるというものです。
ただ、大手企業で働きたいということの目的が何であるかということは、自分自身で明確にしておく必要はあります。何かの理由で大手企業に就職するチャンスを逸したが、やはり大手企業の仕事の進め方、システムや仕組みなどを実地に勉強して、自分のキャリアアップにつなげたいということであれば、とてもいいチャンスになります。また、派遣で勤務するが、いずれはその大手企業に正社員として雇ってもらいたいという希望を持ってであれば、仕事への取組み方、成果への貢献などで、その機会がないこともなく、望みはいくらかあります。
大手企業には、優秀な社員が多く、年収もある程度保証されているので、いずれは伴侶になってもらう候補者が沢山いる、めぐり合うチャンスだと考えて、派遣で働くのはどうかということですが、悪いということとも言えませんが、その動機ですと、目的を果たすことは難しいことが多いのです。
なぜなら、そうした根本にある気持ちは、仕事ぶりや普段の挙措動作に反映されることが多いので、そういう人だという目で見られ、一度そうなるとレッテルが張られ、外そうとしても難しいことになってしまうからです。目的をきちんと持って派遣で大手企業で働くのは、それなりの意味がありますが、動機が不純であれば、元も子もなくすことになりかねないので、まずは姿勢を正すことが先決です。


PageTop