就職、転職などでやはり多くの人が視野に入れるのが正社員だと思います。ですが、正社員は本当にそんなに良いものでしょうか?あなたの仕事に対しての考え方はあっていますか?実は派遣の方が自分のスタイルにあっている!という方も数多くいらっしゃいます。

派遣の仕事で活躍している人たちを紹介する女性

災害支援に派遣されたボランティアに苦情が出ることも

社会に貢献するためボランティアをしたいと思い、実際にボランティアを派遣する団体に登録したり、役所に申請を行うことで災害支援などに行くケースがあります。そこでお金には代えられない経験をしたり、人との繋がりができます。
しかし、ボランティアの派遣先で苦情が出るケースもあります。ボランティアを行う人の中には、お金を貰わないことから、自分は客であるという意識がある人がいます。その気持ちは行動となって現れ、支援を必要としている人に不快感を与えます。
災害があったときには全国からボランティアが派遣され、建物の再建や物資の運搬などの業務にあたります。その内容は肉体的にハードなものが多く、負担になることがあります。しかも無償であることは、働く上で必要な心構えを失わせる原因になることであり、どうしても仕事に対する気持ちが入りづらくなります。そのような気持ちでボランティアを続けることで、役に立つことができないばかりか、支援を必要とする人とトラブルになったり、ついには苦情が出ることにもなります。そうなるとボランティアを行う人にとっても、支援を受ける人にとっても不幸な結果になります。
たとえお金を貰わない労働でも、個々に合った仕事の内容であるかを事前にきっちりと調べ、所詮はボランティアであるという気持ちを捨てなければいけません。困っている人を助けたいという気持ちは尊いものですが、その感情が独り歩きしてしまい、人を助けるという目的が達成できなくなるのはよくあることです。理想は受け入れる側が適性に合った仕事を提供するのが理想ですが、なかなかそれができる状況ではありません。働く側のモラルに頼る部分が大きいのが実情です。


PageTop