そのノベルティ、もらって嬉しい?

自社の販売促進やイベントの際に度々配られるのがノベルティです。あらかじめ決められた個数の品物を予算内で見繕うとなると、担当者が悩むことも少なくありません。何故ならばもらって嬉しくないノベルティを多くの人に配ってしまったら、企業のイメージダウンに繋がってしまうこともあるからです。もらって困るノベルティというと、思い描くイメージとしては重い物や嵩張るものではないでしょうか。

大きな物はもらっても持ち運びが大変ですし、置き場所も考えなければならないからです。従ってなるべく小さくて軽い物という方向に流れがちですが、軽い物の中でも要注意の物があるということを担当者は覚えておきたいものです。例えばキーホルダーは一見ノベルティには持ってこいのグッズのように思われますが、実はアンケート上では1番もらっても嬉しくない物に数えられているということをご存知ですか。キーホルダーというのは常に身に付けて持ち歩く物であるため、多くの人が自分が気に入ったデザインの物を選びたいという傾向があります。

特に企業のロゴが入っていたりしたら、敬遠されるのも当然のことかもしれません。また、カレンダーやスマホのケースというのも注意が必要です。カレンダーはたくさんあっても置く場所に困るし、スマホのケースは好みがあるうえサイズが合わなければ利用することが出来ません。このようにノベルティに向いているような品物でも、使う人の立場に立って考えてみることである程度絞り込むことが出来るはずです。

ターゲットとなる年齢層や性別等も考慮して慎重に選んで行くことが会社の利益に繋がるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *