出産祝いを渡すときのマナー

友人や兄弟の出産はとても嬉しいもの。出産祝いにどのようなものを贈ればよいのかポイントやマナーをご紹介します。一般的には生後7日後からお宮参りをする一か月までの間に贈るのが良いとされています。一方で出産した側は生後一か月ぐらいから内祝いを準備するので、出産祝いが遅れてしまうと内祝いを買い足すなどの手間をかけてしまいます。

事前に商品券やカタログを郵送するのもアイディアの一つです。また病院や自宅へ伺う場合は前もって予定を聞いておき体調の良い日を選びましょう。そして出産祝いにはお金やおもちゃ、お菓子など様々ですが贈るものの内容は相手との関係性次第です。お金の場合は、友人だと5,000円から10,000円で兄弟や親戚の場合は10,000円から30,000円が相場とされています。

一方でプレゼントを贈りたいという場合はいくつか注意しなければならない事があります。例えば他の人と被ってしまったり、ベビーカーやベットなどは好みがあるので事前に何が欲しいのか聞いておくのも良いでしょう。またオムツやお尻拭きはいくつあっても困らないのでプレゼントには喜ばれます。あえてママへの美容グッズを贈るのもサプライズになりますし最近ではインターネットなどでおもちゃやお皿に赤ちゃんの名前を入れてくれるサービスをしているところもあります。

出産祝いを贈る際にはある程度配慮をする必要がありますが、大切なのはお祝いの気持ちです。最低限のマナーをわきまえつつ相手に喜んでらえるものを贈りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *