企業が配布するノベルティの効果について

街中を歩いていると、よく人が持ち歩いているショッパー(ショッピングバッグ)のロゴが目に入るものです。これらのショッパーは企業ブランドの「顔」であり、人々の購買意欲を掻き立て、強く興味を引くことからマーケティングにおいても非常に重要視されています。同様に、企業が自社商品の宣伝のために無料で顧客に提供するアイテムとしてノベルティが存在します。これらを企業が活用することで、具体的にどのような効果をもたらすのでしょうか。

ノベルティは基本的に、顧客が商品を購入する際に無料で提供されるものです。主に企業の認知度向上といった広告目的で活用されるものであり、よくボールペンやカレンダーなどの小物で制作されることが多くあります。顧客の立場からすると無料でもらったロゴ入りの小物を使用する度、企業の認知度や購入意欲を高める事が出来るとされていますが、さらに販売促進の一環として実用性のみならず希少性によって魅力を高める効果もあり、ブランドのコレクターズアイテムとして人気を博する場合もあります。以上のように、ノベルティは作成することで効果的なプロモーションを行う事が可能です。

ただし消費者がそれ目的で商品やサービスに集中した場合、見合わない商品を購入することで消費者が不利益を受ける恐れがあり、それを回避するためにノベルティの最高額・総額などは「不当景品類及び不当表示防止法」により制限されています。企業のブランディングをより強めたいと考えているならば、費用対効果を見ながらぜひノベルティを効果的に活用してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *