ノベルティは販促品や記念品とは違うの?

企業が既存あるいは新規顧客に配布するもののひとつに、「ノベルティ」の存在がありますが、広義にとらえてしまうと「販促品」や「記念品」と混同してしまうことになります。そこで、これらの違いについて見ていきましょう。まず、販促品の定義についてみてみると、名前のとおり販売を促進するために品物のことで、配布することで企業のイメージアップや高感度を高める効果が期待できます。ノベルティとのちがいは、グッズに企業やブランド名・商品名などを「名入れ」しないことが多い点です。

つまり、広告というアピールに限定されない、売上アップのための戦略品を総括したものだと言えるでしょう。グッズをプレゼントすることで、消費者の購買やサービス利用というアクションにつながれば、それで成功ということになります。次に「記念品」とは何かといえば、未開拓のターゲットに向けて配るものではなくて、自社の製品やサービスを購入あるいは利用してくれた人に「特典」の意味で配布するものです。よくある例が、ショップのイベントや周年記念などのアニバーサリー的な期間に、購入者にオリジナルグッズを配布する例があります。

顧客によっては、そのグッズ欲しさに来店し商品を購入する人もいて、集客と売上効果がねらえるものです。カテゴリー的には、先ほど述べた「販促品」の部類にあたると考えて良いでしょう。一方で「ノベルティ」は、企業名・ブランド名・商品・サービスなどの認知度を高め、強くアピールしていく意味合いを持っています。したがって、グッズには名入れをするのが一般的であり、簡単に捨てられてしまわないような物にすることも必要です。

特に新規顧客をターゲットにしたい場合、良く使用するものを選び、顧客がロゴを目にすることで自社を認知してくれる効果をねらっていくことが重要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *