ノベルティって景品やおまけとは違うの?

企業が自社のイメージ向上や認知度アップ、そして売上促進のためにグッズを顧客に配布するという戦略は、多くのところがおこなっています。その中のひとつで良く耳にするのが、「ノベルティ」の存在です。これは、会社・ブランド・製品・サービスなどの名称やロゴデザインなどをグッズに印刷するなどして、顧客に無料で配布することを指します。シーンでは展示会場やショップの周囲などで配布することが多いですが、その対象は既存・潜在顧客に限らないこともあります。

対象がどうであっても、ノベルティグッズを使ったアピールは販促ツールとして確立されたものであり、業種や規模にかかわらず広く活用されているといって良いでしょう。そのように、ノベルティは販促のためのツールであることは間違いないのですが、なかには「景品・おまけ」と一緒に捉えてしまっている人も少なくありません。そこで明確な違いを整理すると、「景品」は商品を買ってもらうために、顧客にちょっとした利益を付けてあげることです。したがって、何か「物」をあげることに限らず、くじやポイントなど、さまざまな形が可能だといえます。

ただし、その金額については法的に上限が決められていますので注意が必要です。「おまけ」も定義付けすれば景品と同じと考えて良いですが、細かく分類すれば、製品・サービスに何かしらの「グッズ」を付属させることを指すことが多いでしょう。例えば子供向けのお菓子に付いている、キャラクターシールや小さいおもちゃなどがそれに該当します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *