魅力あるノベルティでイメージアップ

買い物やサービスを利用したときにおまけで様々な品物がもらえることがあります。これらには企業名やブランド名が入っており、宣伝目的で配布されています。こうした品物をノベルティといい、多くの企業が力を入れている宣伝方法です。ノベルティとは商品名や会社名を入れた無料で配られる品物のことです。

景品広告ともいわれており、日常生活で頻繁に使われるものや、使い勝手の良いものが選ばれます。よく目に留まるものを進呈することによって印象を強くして、企業や商品のイメージアップにつなげることが目的となります。想定した広告効果を発揮するためには顧客にとって魅力的な品である必要があります。そのため多くのノベルティは日常生活で何気なく必要になるものが選ばれます。

例えばボールペンなどは多くの企業がノベルティとして採用しています。配布した顧客が職場などで使用していれば、ほかの人が手に取ったり商品名や企業名を見る機会が増えます。こう言ったことが連鎖していくことで知名度を高め、収益につなげていきます。顧客が必要とするものは次々に移り変わっていくため、常に新しいノベルティを準備しなければなりません。

毎回同じものでは印象が薄れてしまい、広告効果が薄れてしまいます。予算にも限りがあるため、次々に新しい品物を配布できるというのは業績が良いと判断することもできます。実際の商品よりもその企業の実態を明確に示すものになってしまうのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *