ノベルティの製作時期も考慮して販売促進に繋げる

多くの会社で販売促進のために導入しているノベルティは、コストパフォーマンスを重視しなければ意味がありません。宣伝効果を得るために無料で配布するため、配って終わりでは費用ばかり掛かってしまいます。アイテムを決める際は、配る時期を考慮しましょう。例えば、新生活が始まる3月・4月は日用品や文具が適しています。

この時期は気分を一新したいと考える人が多く、新たなスタートに合わせて使用しているアイテムの新調を考えている可能性が高いです。7月・8月などの暑くなる時期には、タオルなどの生活用品が重宝します。受け取る人の心理を考慮したアイテム選びが効果的です。コストパフォーマンスの高いノベルティ製作には、サイト選びも重要です。

様々なサイトがあるため、製作するアイテムをいくつかピックアップして、それぞれのサイトで作る際に掛かる費用を比較しましょう。安価であれば費用も少なくコストパフォーマンスが高くなると考えるかもしれません。しかし、魅力的なノベルティに仕上がらなければ、宣伝効果が低くなってしまいます。そのためには、受け取った人が使用したいと思うようなノベルティにしなければなりません。

また、実用的でなければ捨てられてしまう可能性もあります。自社商品の販売促進に繋げるためには、配布後にどのような効果が見込めるのかという仮説を立てることも重要です。仮説検証をすれば、次のノベルティ製作に生かすこともできるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *