廃車を下取りしてもらうのは損

新しい車に買い替える時、今乗っている古い車を廃車にする場合、車の解体業者に料金を払って廃車手続きとかをしなければならないです。それでそんな面倒なことをしなくてもいいように車を販売しているディーラーが車を下取りしますと持ちかけて来て、車が売れる場合が有ります。車を処分するのにお金を払うどころか逆にお金が貰えるのですから、喜んでディーラーに車を引き取らせてしまいますが、これは損です。なぜならディーラーは下取りした車を車を買い取る業者に転売して稼げるから、車を引き取るのです。

それならば自分で中古車専門店に持って行って、車を買い取って貰った方がずっとお得です。買取価格と下取価格では数万円以上の差が付きますから、自分で中古車専門店に持ち込むべきです。だから下取りしてもらうなら中古車専門店でも買い取ってくれない廃車にすべき車の場合だけです。そんな車でもディーラーが下取りする理由ですが、新車が売れれば車の処分費用以上に儲かりますし、そんな車でも買取をしてくれる業者を知っているからです。

実際廃車を買い取る業者が存在していて、ネット上では広告も出していますから、個人でその業者に車を買取に出すことも可能です。しかしそうまでして買い取って貰おうメリットはあまりなくむしろディーラーからの割り引きが無くなるのは損ですから、本当に中古車専門店に買い取って貰えないような車はディーラーに下取りをしてもらって、処分をすることです。オートローンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です