住宅ローンは変動金利と固定金利とどちらがお得か

住宅ローンを申し込む時に選ばなければいけない物に金利が有ります。銀行から提示される金利には、固定金利型と変動金利型が有ります。固定金利は返済期間中はずっと金利が変わりません。逆に変動金利は市場金利が変動するとそれに合わせて金利も変動します。

固定金利型は変動金利型よりも金利が高めに設定されていますが、今の低金利の状態では固定金利型を選択するのが良いと言われています。少々金利が高くても将来の金利上昇を考えれば固定金利型を選ぶのが有利なのかもしれません。しかし固定金利型は最長30年で変動金利型の35年より短いです。だから返済額が同じならば変動金利型よりも借りられる額が少なくないです。

それで同じ額を借りるとすると毎月の返済額が金利が高い分も含めて増えてしまいます。ゆえに毎月の返済負担を軽くしたいなら、変動金利型を選ぶことです。しかし金利が上昇したら、変動金利型の方が固定金利型より毎月の返済額が増える恐れが有ります。そういう時は金利が上昇する前に変動金利型から固定金利型に乗り換えることをお勧めします。

銀行で住宅ローンの借り換えが出来ますから、変動金利型から固定金利型への変更が出来なかったら、他の銀行に住宅ローンの借り換えを申し込んで、借り換えを行うことです。ただ借り換えには融資手数料とかの経費が発生しますから、コスト的な物も含めて借り換えるにメリットが有るか無いかを確認してから申し込む必要が有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です