健康状態に不安があっても住宅ローンが組める方法

住宅ローンでは、年収や勤務形態、勤続年数などの項目の他に、健康状態も重要になってきます。なぜなら、ほとんどの金融機関では、団体信用生命保険への加入を必須としているからです。団体信用生命保険は、その名の通り、生命保険の一種なので、健康状態が悪いと加入できません。健康状態に問題があって、団信に加入できない人がとる方法としては、2つあります。

1つは、ワイド団信といった、引受基準を緩和した団信に加入することです。ただし、ワイド団信には、金利が通常の団信よりも0.2%~0.3%程度高くなるというデメリットがあります。住宅ローンは数千万円という高額ローンなので、わずかな金利の差でも総返済額に大きな差がでてきます。そこでお勧めなのが、フラット35などの団信不要の住宅ローンです。

フラット35は、独立行政法人住宅金融支援機構が支援をしている住宅ローンで、健康状態に問題があって団信に加入できない人でも住宅を購入できるように、団信への加入が任意となっています。フラット35が出来たことで、団信に加入できない人でもマイホームの夢を諦めなくてもすむようになりました。また、団信は若い人には不利な仕組みになっているので、若い人は、団信に加入する代わりに収入保障保険に加入するという選択肢も選べるようになりました。団信に加入していないと、債務者に万が一のことがあったときに、残された家族がローンを返済していかなくてはならなくなります。

団信に加入せずに住宅ローンを組むなら、他の生命保険に加入しているとか、貯金がたっぷりあるなど、いざという時のための対策をしておかなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です