カードローンは返済のことを考えてから利用する

カードローンを利用してお金を手に入れるということは、要するに借金を背負うということです。そして背負った借金というものは、必ず元金に利息をプラスして返さなければなりません。ですから借りる前に、返すことを考えておかなければならないのです。しかも、ただ考えるだけではいけません。

一括で返すか分割で返すか、分割ならば毎月何円返すか、どうやって滞りなく完済するのか、その他、しっかりと具体的に考えておく必要があります。このような考えこそが、事前の返済計画なのです。この返済計画がいい加減ですと、「カードローンを利用してお金を借りたはいいが返せなくなってしまった」という危険が生じます。借りたのに返せなくなってしまうとなると、それは金融事故として扱われることとなります。

すると金融事故を起こした者として、その後しばらくの間は、金融機関との健全なお付き合いが出来なくなってしまいます。それゆえカードローンを利用する時には、絶対に金融事故だけは起こさないようにすることが肝心です。事前にきちんと返済計画を立てておくのは、正にそのためなのです。ちなみにカードローンで借りたお金の分割返済は、返済期間が長くなればなるほど利息の支払い負担が増大します。

ですから、借りたら一日でも早く返すようにするのがコツです。また、借りる時にはできるだけ低金利のカードローンを利用すべきです。同じ金額のお金を借りるなら、そのほうが利息は少なくて済みます。いずれにしても、借り過ぎだけは絶対にいけません。

借り過ぎないようにすることは、事前の返済計画以前の問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です