ALAとはどういった成分なのか

ALAは、5-AminoLevulinicAcidという5-アミノレブリン酸の略称で呼ばれるアミノ酸の一種です。元々アミノ酸には体内のあらゆる働きをサポートする重要な成分として知られていますが、特にこの物質は生命の根源物質と呼ばれるほどにとても重要な役割を持っています。人間だけではなく多種多様な動物・植物などのあらゆる生命体の中に存在する細胞のミトコンドリアに存在する物質です。ALAにはエネルギーを生み出す役割があるため、人間の生命活動において必須といえます。

ALAの働きを維持することにより、アンチエイジングにも役立ちます。年齢を重ねるとともに衰えがちな体のリズム・活力・美しさを内側から強力にバックアップしてくれるため、健康・美容・医療などの分野で注目されている成分です。ALAは加齢やストレスなどで少しずつ減ってしまい、基礎代謝が下がることで太りやすくなったり、水分が減って乾燥してしまうことになります。多くの食品の中に含まれており、特にほうれん草・ピーマンなどといった緑黄色野菜に含まれます。

さらに醤油・酢・赤ワインなどといった発酵食品などにも存在し、食事を通じて摂り入れることは可能です。しかし、食品に含まれているALAは実は微量であり、バランスのよい食事を心がけても1日に2mgが摂取目標なのですが難しいとされます。サプリメントなどの健康食品なども活用して補給するのが、最も確実な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です