美容と睡眠の関係について

by:

サプリプロテイン健康

睡眠時間が足りていなかったり、質の良い睡眠がとれていなかった日の翌朝は、肌が荒れていたりファンデーションのノリが悪かったりと、肌の不調を感じた経験のある人もいるのではないでしょうか。実は、美容と睡眠には密接な関係があるのです。私たちの肌は、主に眠っている間にターンオーバーが促進されています。ターンオーバーは古い細胞を落とし、新しい細胞に入れ替えるためには欠かせないものですが、眠っている間に分泌される成長ホルモンによって促される仕組みになっているのです。

そのため、熟睡できない日が続くとホルモンバランスが崩れ、十分なターンオーバーも行われません。よって、肌が乾燥したり荒れてしまう原因になるのです。更には、そのような肌が荒れた状態は外部からの刺激を受けやすく、メラニンが蓄積されやすいことからシミやシワの原因にもつながります。このように、美容のためには質の良い睡眠が欠かせないのです。

一般的に、肌のターンオーバーが活発に行われるのは夜22時~2時頃であると言われ、肌のゴールデンタイムと呼ばれています。そのため、なるべくならこの時間は眠っていた方が美容のためには良いということになります。しかし、実際に22時に眠ることが難しいという人も多いと思うので、そのような場合は眠りに入ってから最初の3時間はしっかりと眠れるように心がけると良いでしょう。また、深い睡眠のために、眠る前はカフェインの摂取や脳に刺激を感じるようなことを避け、リラックスした時間を過ごすようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です