化粧水で美白したいならこれ - 化粧水の効果と注意点について

化粧水の効果と注意点について

  • 化粧水で美白したいならこれ

    • 日差しが強い夏場はしっかり日焼け対策をするけれど、それ以外の季節は適当に済ませているという方は多いのではないでしょうか。

      化粧水の美白について正しい知識を持つこと重要です。

      しかし日焼けのもととなる紫外線は季節に関わらず毎日降り注いでいます。

      内側から透き通った肌を手に入れるためには、日差しの弱い季節でもこつこつケアを続けることが肝心です。とはいえ、夏場のように日焼け止め、日傘、帽子、手袋などでがっちりとガードしなくても、化粧水や乳液など普段のスキンケアアイテムを少し見直すだけでも充分なのです。今使っている化粧水やドラッグストアやデパートにあるスキンケアアイテムの成分を確認してみましょう。

      まず、美白成分の代表格といえば「ビタミンC」です。

      ビタミンCを吸収しやすくした「ビタミンC誘導体」はシミのもととなるメラニンを抑制します。
      さらにコラーゲンの生成や肌のターンオーバーを促進する働きがあり、シミやそばかすを薄くする効果があります。



      ほかにも「アルブチン」「トラネキサム酸」「カモミラET」などもそれぞれ違ったアプローチからメラニンの発生・生成を抑える働きがあり、「L-システイン」はターンオーバーを活発化させる効果も持ちます。美白ケアにもうひとつ欠かせないのが保湿です。



      乾燥した肌は日焼けのダメージを受けやすくなります。

      そしてビタミンC誘導体は乾燥しやすいという欠点もあるので、美白成分だけでなく「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの保湿成分が一緒に入ったものを選びましょう。

      時間があるときは美白化粧水をたっぷり含ませたコットンパックをするのもおすすめです。